こんにちは、ナチュラル美人ダイエットサポーターの岩井紫織です。


このご時世、よく耳にするのが「コロナ太り」
たるんだ体をもとに戻すためにダイエットしよう!と思っているあなた。
まずは食事制限!と意気込んでいませんか?


今日はダイエットに食事制限は必要か否か、また食事法で気を付けることおすすめ食材をお伝えします。


これを読めば無理な食事制限をしないでダイエットに取りかかることができるでしょう!

1.ダイエットに食事制限は必要ない2つの理由

まずダイエットに食事制限は必要か?について。
答えは「NO!」です。

理由1:一生続けられないから

食事制限が必要ない一つ目の理由は一生続けられないからです。


今は糖質制限が主流なのでこれについてお話しますね。
糖質は私たちの体のエネルギー源となる三大栄養素の一つです。
もちろん、たんぱく質や脂質からエネルギーを作ることもできます。

ですが私たちの主食は穀物。
この先、一生お米やパンを食べないで過ごすなんて…考えられますか?
食べることは楽しいことのはずのに苦痛でしかありません…

それに何かを考えるときにはブドウ糖が必要ですし、食物繊維やGABAという自律神経を整える成分も入っています!
炭水化物にしかない役割もあるのです。

糖質は悪者ではないんですよ~。

理由2:食べ物を制限すると余計に食べたくなるから

「ケーキを想像しないでください」と言われたとします。

どうでしょう、ケーキを想像しないことに成功しましたか?
おそらくほとんどの人がケーキを想像したでしょう。


このように人は禁止したことに対して逆の思考を持ってしまうのです。
「糖質は食べたらダメ」というルールを自分に強いると余計に食べたい欲が出てきてしまいます。

食事制限する方法は自分を苦しめます。
欲が増大しダイエット効果には逆効果なのでおすすめしません。

食事制限ダイエットを経験した過去

そんな私も極端な食事制限で自分を苦しめていた過去があります。
「糖質=悪」と決めつけ、1日に食べるお米の量を設定し、パンやパスタなどの小麦製品なども禁止していました。

でも本当はお米やハード系のパンが大好きなんです。
糖質を禁止したことで食べたい欲が高まり限界を超えたときに過食してしまうこともしばしば…。
そうすると食べてしまった自分を責め落ち込んでまた我慢する、という負のループ。

また、糖質の摂取量が少なすぎて力が入らず思考力が低下した状態で毎日過ごしていました。
ですが糖質禁止ルールをやめてから糖質への執着がなくなったんです。
過食もしなくなり、我慢は欲を増大させると学びました。


やっぱり食べ物を制限しない方がダイエットには効果的なのです。
ダイエットでの食事法は我慢や制限をしない方がスムーズに行うことができますよ。

ダイエットをするときに気を付けることとおすすめ食材

じゃあ何に気を付けたらいいの?と思いますよね。

糖質の場合は、糖質の質です。


選ぶ基準はなるべく『原型に近いもの』と『茶色いもの』
原型に近いほど色んな調味料や添加物が入ってないので体への負担が少ないです。

また茶色いものは食べ物を代謝するのに大事なビタミンやミネラルが豊富!
食材としては玄米や分付き米、さつま芋、オートミールがおすすめです。

お米は制限しているのに甘―い菓子パンや飲み物を摂っていませんか?
これらを日常的に摂っていると味覚と脳が麻痺し中毒状態になるんですよ。
さらには糖質以外の問題も…。

まとめ:ダイエットには食事制限は必要ない

これからダイエットを始める、またすでに始めているあなた。
食事法において食べ物を制限することは自分を苦しめストレスをかけてしまうばかりなのでおすすめしません。

この記事を読んでまずはじめの一歩を踏み出すとしたら「食べ物の質」を変えてみるのはいかがでしょう?

あなたが糖質制限を考えているなら
・まずは一食だけでもパンからお米や芋に変えてみる
・夜のお米はいつもの半量にする→慣れたらお米抜きにしてみる

糖質はすべて悪いのではありません。制限するのではなく、選択です!