おはようございます、内面美容家の岩井紫織です。
気づけばもう11月も終わり…急に寒くなって冬らしくなってきましたね~
冷えは万病の元なので冷やさないように過ごしましょう^^

暑くても寒くても、毎日でも食べたいほど大好きなスパイスカレー。
(スパイスは消化促進や体を温めたり、胃を元気にするなどの効果があり、美味しくて体に良くて最高の食べものだと思ってる♡)

一人で食べに行くことが多いんだけど、周りを見て「残念だなー」って思うこと。

スマホ見ながら食べてる

この食べ方自体が美しくないですが、こんな食べ方してたら痩せないしキレイになれません!

洋服が欲しくて買い物に行けば洋服を見るのに集中する
仕事のときは、目の前のクライアントやパソコンワークに集中する

なのになんで食事の時は食事に集中しないのでしょう?

右手にはスプーンやお箸、左手にはスマホ、視線はもちろんスマホ。

ひとりごはんだと手持ち無沙汰、仕事中は見れないからお昼の休憩中に…
分かるよ~(私もたまーにやっちゃいます…)。

でもこれじゃあ何を食べてるか分からない。
自分が一口どれくらいの量食べてるかも分からない。
何回噛んでるかも分からない。

せっかくの食事が『ただ食べるお腹を満たす行為』になってしまっています。

スマホを見てるとSNSやネットニュースなど別の世界に意識が向き、食べものに意識が向かないですよね。

痩せるために「たんぱく質~!」
キレイのために「オーガニックの食事~♪」

と食べ物に気を付けていても、ながら食べしてたら意味なし

また、そんな食べ方をすると自分のことを好きになれません。
何かをしながら食べる行為は無意識に自分を雑に扱っているということです。

ながら食べをすることで「私という人間はぞんざいに扱っていいもの」と自分で無意識に刷りこませてしまってるかも。

食事は自分の心と体を作るもの

あと、作ってくれた人にも失礼ですね。
外食でもコンビニ飯でも、あなたが食べられてるのは作ってくれた人がいるから(添加物やコンビニ食はヤバいうんぬんは置いといて)。

食事に集中することは作ってくれた人への感謝の表しでもあると思うんです。

何を食べるかも大事だけど、どんな風に食べるかってもっと大事だと思っています。

食べ方はその人の人となりが表れるものであり、その人自身を作るもの。

スマホ、テレビ、パソコン…ながら食べをしてませんか?
痩せたい・キレイになりたいなら目の前のごはんと向き合って食べよう!

同じごはんでも心と体の満たされ具合も違ってきます♪
ぜひ今日から意識してみてください。