ほぼ毎日スーパーやコンビニ食生活だった私。
トランス脂肪酸の真実を知り、0・100思考でもう食べられるものがないと偏った思考になっていました。

私は「もう自炊するしかない」と一大決心。

社会人になったばかり、営業職で忙しい日々だったけど
危険なものを食べたくない
痩せてキレイになって自信を持ちたい

と作り置き生活をスタートしました。

お昼のお弁当と夜ごはん用に週末2時間ほどかけて↑のようなおかずを作り置き。

炊いたお米は冷凍して仕事で疲れた夜はすぐ食べられるように豆腐や糖質0麺などをストック。

作り置きを始めてみると自炊の楽しさに目覚めた私。
味は落ちるけどイチイチ作る手間は省けるし、自分の好みの味付けにできるし、安全安心!

脂質=悪と偏った思考になってしまった私は次第に食べ物からできる限り油を排除するように…

調理法はノンオイル、お肉の皮や脂身はカット…
自分の中でヘルシーな食事をしているつもりだった。

減っていく体重と体脂肪が嬉しくて糖質制限も取り入れるように。


「食べなければ痩せる」

この思考に憑りつかれていた私は食べることを我慢するようになっていました。
だけど鶏肉や野菜など健康的なものは食べているし自炊もしてるから「私は健康的なダイエットをしている」と思い込んでいた。

これはあくまで自分が思う健康的な食事で、実際は全く栄養は足りてなかった


甘いものやジャンクなものも悪、外食だって不健康だから行くべきではない。
いつしか「これは体に良い、悪い」と頭で考えて食べ物を選ぶようになり、食を楽しむことも忘れていました。

 

でも極端に食事制限をしたことで思いもよらないトラブルが…。
次回に続きます!