現在の取り組み

ミスコンテストのファイナリストの経験をとおして、今はナチュラル美人ダイエットサポーターとして、またモデルとして活動しています。

昨今のダイエットブームや健康志向の高まりから、メディアではたくさんの食事法や運動法が取り上げられていますね。

その中で自分に合った方法を心地よくできたらいいのですが情報が多すぎて惑わされることが少なくありません。

特に食事については多くの人が「糖質制限がいい、12時になったからご飯」などと食べ物を制限し、頭で考えて食べていると感じています。

食事制限すれば一時的には痩せますが一生は続けられませんし、体が欲していない食べ物を口にする日々は食べたいものを食べられずストレスになります。

そんな偏ったダイエット・健康法は続けられないと落ち込んで自信をなくし自尊心を削ぐだけです。健康に良いからと自分を縛り付けた食事はむなしい自分いじめです。

なので私は食べ物の健康効果や善悪といったメディアの情報にとらわれることなく我慢や制限をしない食事法や考え方で体と心を整え綺麗と幸せを叶えるサポートをしています。

今の私があるのは…

私自身ダイエット・健康情報難民でした。私は元々痩せ型でしたがダイエットを始めるきっかけとなったのが21歳で美容整体に通っていたとき。初めて体脂肪計に乗り「このままの生活を続けたら隠れ肥満になる」と言われ愕然として、「自分がデブ?」と奈落の底に落ちたような気持ちになりました。

自分で調べ知識をつけて添加物や糖質など体に悪いと言われる食べ物は排除したり何度も断食していました。食べたいけど食べたら太るし、体脂肪が増える恐怖心でいっぱいに。お腹が満たされる=太るの感覚になっていたので、空腹でなければならないと思っていた。

食べたい物を我慢し「〇〇は体に良い、悪い」と食べ物を健康効果や善悪だけで選ぶ日々を過ごしていると友達と夜ご飯で居酒屋に行くときも、食べるメニューを善悪で選んでいて友達との会話に集中できませんでした。食べ物ばかりに気がいき、全然楽しくなくて21時をすぎると食べるのが怖く2軒目なんて到底行けませんでした。

友達と一緒にいて楽しい時間を過ごすよりも、どうやったら太らずに済むかを考え、「今日はこれ食べたから明日はこれを食べないとダメだ、21時まで食事したから明日は断食だ」など体重や体脂肪を増やさないことばかり考えていました。
そして気づけば拒食症になっていたのです。ですが当時は弱い自分を認めるのが怖くて拒食症を受け入れられませんでした。

それと同時期に私は会社員として5年間製薬会社のMRとして働いていました。男性社会だったので「女性だから、若いから頑張らなくても先生に気に入られる」と思われるのが嫌で、一人前の営業マンとして認めてもらえるよう頑張らないといけない、と真面目で負けず嫌いな性格と強い承認欲求から体を張って仕事をしていました。

なので好きで働いていたわけではありませんでした。「正社員として働くべき、仕事は生きるためにすべきもの」という価値観から選択した営業職。

ですが仕事でも私生活でも我慢ばかりしていたら自分の本当の気持ちが分からなくなりました。どんどん自己否定が強くなり、綺麗になりたいのに好きなことを仕事にして生きたいのに何をやってもダメだと思う毎日。

自信のある女性になりたいけど私は何やってもダメだし、一生こうやって「べき、ねば」で生きていくんだろうと思っていました。また、食べていないこともあったので全然力が出ず思考も回らない状態で、自分であれをやりたいこれをやりたいなどやる気が起きない状態で心も体もボロボロでした。

起業したきっかけ

もう食べたい物を我慢して自分の本心を閉じ込める、好きでもない仕事を続けるこんな自分は終わりにしたいと思ったある日、恩人と出会い私は変わり始めました。

拒食症を受け入れ克服していく中で、心も体も健康であることが本当の美しさだと私は気づきました。その美しさを手に入れるには、自分の気持ちを大事にしたり自分が心地いいと思うことを選択するなど、自分を愛することだと気づいたのです。頭で考えるより体の声を聞いて食べたり行動することが健康や美しさに繋がる。
ひいては幸せな日々を過ごすことができるようになり私の人生は180度変わりました。

また食品添加物エキスパート、オーガニック料理ソムリエの講座などを学び農業体験のなかで食べ物には栄養価だけでないパワーがあることにも気づかされました。

食べ物の健康効果ばかりを見るのではなく自然か不自然かを見極める力をつけることが美しさに繋がると確信しました。

このような経験から、人生の食生活以外でも良い流れができ、自分が180度人生変わった経験をもとにして、ダイエット情報難民になり自分に我慢や縛りをつけ自信のない、仕事を頑張っていることと健康や美のためにいろんなダイエット法、食事法を試して美意識が高い頑張り屋さんの女性の役に立ちたい!と起業を決意しました。

私の想いと目指す目標

美しくなるためには健康とメンタルの土台が整っていることが必要です。体と心が健康であってその先に美しさがあります。だから心と体の健康、そして美はセットで考えていく必要があると思っています。

私は情報に振り回されることなく自分で考え、自分の体の声を聞いて自尊心を削がない食事法や考え方でたくさんの仕事もプライベートも頑張っているアラサー女子と一緒に綺麗に幸せになっていきたいです。

自分がハッピーでいられることこそが真の健康法だということを伝えていくためにチャレンジしていきます。